2019年1月18日(金)

(5)アジア 関税撤廃で車市場白熱 ロヒンギャ難民、2月帰還

2018/1/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2018年から東南アジア諸国連合(ASEAN)では加盟10カ国全てで域内関税が完全撤廃される。先行加盟国では10年に関税が原則ゼロになった。後発国のベトナム、カンボジア、ラオス、ミャンマーは猶予期間が与えられていたが、15年から例外品目の関税も段階的に引き下げられ、18年にゼロとなる。

関税撤廃の影響が最も大きいのが、ベトナムの自動車市場だ。タイなどから無関税で完成車を輸入可能となり、輸入車価格…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日経電子版が2月末まで無料!いつでもキャンセルOK!
お申し込みは1/31まで

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報