2018年7月18日(水)

踏み出す人々(4)「ネイティブ」育め 10代が共生描く

2018/1/13付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 眼の病気に悩む祖父を助けたい。米バージニア州の高校に通う16歳、カヴァヤ・コッパラプーの頭に浮かんだアイデアは、人工知能(AI)を使うことだった。

診断はアプリで

 自らスマートフォン(スマホ)のアプリを開発し、専用レンズは3Dプリンターで作った。撮影した眼球の画像を3万4000人分のデータと照らし合わせ、機械学習で「糖尿病網膜症」の兆候を診断する。弟や友人と作り上げたシステムを実証実験が終わり次第…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報