/

この記事は会員限定です

家事代行、個人間を仲介 シェア経済に商機

エニタイムズ、専門業者より割安 タスカジは永住の外国人活用

[有料会員限定]

スタートアップ企業が家事代行の仲介サービスを拡大させている。企業が個人に提供していた家事代行業に個人同士を結ぶシェアリングエコノミーの事業モデルを持ち込み、価格や使い勝手の良さで競争力をつけた。ライドシェア(相乗り)や民泊と異なり、サービスを阻む規制が少ないことも成長の要因だ。

「自分が子育て中に助けてもらいたかった経験から役に立ちたいと思った」。東京都目黒区に住む保育士の仲宗根美幸さん(47)は...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り977文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン