/

この記事は会員限定です

取締役の多様化要求 米助言会社の狙いは

[有料会員限定]

機関投資家の株主総会での賛否投票に大きな影響力を持つ米国の議決権行使助言会社が相次ぎ、日本企業に取締役の多様化を求める助言方針をまとめた。女性や社外出身者の取締役を一段と増やすことなどが柱だ。その狙いについて、両社の担当者に聞いた。

(聞き手は植出勇輝)

女性登用で活性化促す グラスルイスシニアディレクター 上野直子氏

――企業に女性役員の登用を求めていますね。

「女性の取締役や監査役が1人もいな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1098文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン