時代の節目に考える(4)人口減・高齢化言い訳にせず
逆手に生産性上昇めざせ 星岳雄・スタンフォード大学教授

2018/1/9付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

2018年はいろいろな意味で節目の年である。世界金融危機から10年、日本の銀行危機のピークからも20年になる。そして平成の時代は30年目を迎え、19年には元号が改まることになった。

また中国の改革開放が始まったのは40年前であり、全世界で反体制のデモや暴動が広がった「動乱の1968年」からも50年だ。もっと長期的にみると、18年は明治維新から150年にあたる。

この150年間、日本は目覚ましい成…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]