/

この記事は会員限定です

キーワード インターナショナルスクール

相次ぎ開校、多様性学ぶ

[有料会員限定]

海外に飛び出すだけが留学ではない。日本国内のインターナショナルスクールが増加傾向をたどっている。グローバル感覚を身につけてほしい、と日本人が子弟を入学させる需要が膨らんでいる。在留外国人だけでなく、世界中から優秀な生徒を積極的に集める事例もある。

2014年に開校した長野県軽井沢町の「ユナイテッド・ワールド・カレッジISAKジャパン」には約60カ国から生徒が集まっている。奨学金を得て学ぶアンヘレス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り329文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン