/

この記事は会員限定です

投信 5カ国で規格統一

金融庁、韓国・タイなどと 売買しやすく

[有料会員限定]

金融庁は2018年中に韓国やタイなど5カ国で、投資信託を互いに売りやすくする。国ごとに異なる規格を統一し、申請から認可までにかかる時間や手続きを減らす。投資家に海外の投信を手軽に買える機会を増やし、「貯蓄から投資へ」の流れを太くする。

統一規格の名称は「アジア地域ファンド・パスポート」。オーストラリアとニュージーランドも参加する。金融庁は日本証券業協会などと協力してこのほど、登録に必要な申請要項を...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り227文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン