2018年4月24日(火)

時代の節目に考える(1)日本の資本主義 再興の時
米国型に代わる「普遍」作れ 岩井克人・国際基督教大学特別招聘教授

2018/1/4付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 昔「日本資本主義論争」と呼ばれた論争があった。1930年代から第2次世界大戦を挟んで60年代まで、マルクス主義者の間で繰り広げられた血みどろの政治闘争である。

 それは戦前日本が抱えていた貧困や不平等などの原因を巡る論争から出発している。

 一方の陣営は講座派と呼ばれ、日本の社会を、西欧資本主義がたどった発展経路から外れ、天皇制という独自の封建制の下で固有の「構造」を持ってしまった社会と規定した。他…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

春割実施中!日経電子版が5月末まで無料!

訂正>4日付朝刊「経済教室」の図の中で「発展の恐れ」とあったのは「発展の遅れ」の誤りでした。(2018/1/5 11:19)

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報