/

この記事は会員限定です

〈2018年ステージ展望〉演劇・舞踊

戦争テーマの話題作続く

[有料会員限定]

2018年はどんなステージに注目が集まるか。演劇・舞踊などの舞台と、音楽の2回に分けて展望する。

開場20周年記念公演が続く東京・新国立劇場では、鄭義信作・演出の「赤道の下のマクベス」が3月に上演される。第2次世界大戦後のシンガポールの監獄が舞台。BC級戦犯として死刑判決を受け、刑の執行を待つ元日本軍人や朝鮮人の元捕虜監視員の物語だ。10年にソウルで初演。今回、大幅な改訂を加えて日本初演となる。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り786文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン