/

この記事は会員限定です

薄氷の東芝再建(4)終わらない危機

[有料会員限定]

原発の巨額損失が東芝を襲ってから1年。鎮火したはずの原発危機はまだ終わっていなかった。

26日、米国から届いた一通の訴状に東芝社内はざわついた。火種となったのは米ウエスチングハウス(WH)の原子炉が今夏に建設中止となった米サウスカロライナ州のVCサマー原子力発電所。建設費の転嫁分として最大18%上乗せした電気代を10年近く払い続ける地元住民らが集団訴訟を起こし、東芝に損害賠償を求めたのだ。

2週間前の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り774文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン