/

この記事は会員限定です

銅、4年ぶり高値水準

国際価格 中国の生産減懸念

[有料会員限定]

銅の国際価格が一段高となった。指標となるロンドン金属取引所(LME)3カ月先物は日本時間28日夕の時間外取引で一時、1トン7300ドルを超え、年初からの上昇率は33%に達した。約4年ぶりの高値水準をつけ、3週間余りで12%上がった。

大気汚染の防止に動く中国政府の環境規制を受け、一部の工場が操業を停止するなど中国国内での生産が減るとの懸念が強い。11月の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り178文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン