/

この記事は会員限定です

WBAミドル級王者 村田諒太(下)

王座に安住せず貪欲に リスクある戦い求める

[有料会員限定]

日本ボクサー22年ぶりのミドル級制覇という大仕事をやり遂げた村田諒太には、自戒として意識していることがある。「ハングリーでなければならないと思います。記録に名を残せた達成感があるし、ベルトを取って安心している自分がいるのも否定できない。僕の中で戦わなければいけない感情ですね」

だからこそ現状維持でなく、高い所に視線を向ける。求めるのは防衛回数でなく、リスクのあるチャレンジだという。

10月22日、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り993文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン