/

この記事は会員限定です

国連の持続可能な開発目標「SDGs」新市場育む

環境・衛生 12兆ドルへ

[有料会員限定]
<訂正> 27日付夕刊1面「SDGs 新市場育む」の記事中、「300個台程度を販売」とあったのは「300万個程度を販売」の誤りでした。

国連が定めた「SDGs」(持続可能な開発目標)を取り入れる日本企業が増えている。LIXILや損害保険ジャパン日本興亜が独自の事業目標を設定したほか、経団連も行動指針を改定している。SDGsへの取り組み度合いで企業を評価する投資家も増えており、各社は環境・衛生技術を売り込む好機とみている。

SDGsでは2030年までに12兆ドル(約1350兆円)の関連ビジネスが生まれるとの予測もある。SDGsを巡る...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り778文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン