2018年7月23日(月)

トルコ、米・サウジと溝
エルサレム首都批判/カタール支援 外交変化、経済にツケ

2017/12/27付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

 【イスタンブール=佐野彰洋】トルコが米国やサウジアラビアとの関係を悪化させている。エルサレムをイスラエルの首都と認めた米国を激しく非難するほか、対カタールではサウジとの関係をこじらせた。外交の変化は国内の基盤固めやイスラム圏での指導力強化が狙いとみられる。ただ、中東と欧州の間に位置する同国の外交がつまずけば、経済や安全保障での代償が生じるほか、周辺地域の不安定要因となる恐れがある。

 「醜悪で許さ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報