/

この記事は会員限定です

起業家支援のグローバル基盤を

埼玉学園大学客員教授 本沢実

[有料会員限定]

日本は技術立国としての衰えが叫ばれ、イノベーション(技術革新)の力も他の先進国よりも見劣りしている。起業水準は低く、グローバルに急成長するベンチャーが極めて少ない。この問題の背景には、起業段階でグローバル市場を志向するマインドが乏しいうえ、グローバルな事業支援の枠組みやリスクマネー供給の環境が脆弱である点が指摘されている。

日本の金融機関はマイナス金利というかつてない厳しい環境でも、預金を貸し出し...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り919文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン