/

この記事は会員限定です

彩の国さいたま芸術劇場「アテネのタイモン」

上演少ない戯曲に光

[有料会員限定]

1998年に始まったシェイクスピア全戯曲上演シリーズの第33作。蜷川幸雄の遺志を継いで二代目芸術監督に就任した俳優・吉田鋼太郎は、めったに上演されない戯曲に主演・演出で挑んだ。

舞台は、政治腐敗がはびこる衰退期の古代アテネ。財産を惜しみなく友人に分け与えつづけて破産した富裕貴族タイモン(吉田)は、友情が嘘と知って人間不信に陥る。

舞台後半、森に隠遁(いんとん)するタイモンのもとを哲学者アペマンタス...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り494文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン