/

この記事は会員限定です

オリーブ新品種開発

香川県、ブランド化進める

[有料会員限定]

香川県は25日、オリーブの新品種を開発したと発表した。品種登録を国内で初めて出願し受理された。農林水産省の審査には数年かかる見込みだが、第三者が許可なく種苗を生産・譲渡できなくなる。健康志向を背景にオリーブの需要は伸びており、他地域との競争も激しくなっている。県では独自品種のブランド化を進め、産業振興に結びつける。

出願したのは「香オリ3号」と「香オリ5号」の2種。3号は既存の主要品種と比べて、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン