2019年9月18日(水)

税収、バブル期以来の水準 59兆円超、所得税収伸びる 高めの経済成長が前提

2017/12/22付
情報元
日本経済新聞 夕刊
保存
共有
その他

2018年度政府予算案の税収は59兆790億円と、17年度当初予算に比べ1兆3670億円増える。堅調な企業業績を背景に株式の配当や譲渡益にかかる所得税収が増加。賃上げによる給与所得の増加も寄与する。全体ではバブル期の1991年度(59.8兆円)以来の高水準を見込む。ただ高めの経済成長を前提にしている側面もあり、景気の状況などで下振れする可能性もある。

2018年度の税収を税目別に見ると、所得税収…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。