/

この記事は会員限定です

教育論議に論理と実証を

[有料会員限定]

日本の科学技術力が急速に衰えている。科学誌『ネイチャー』が取り上げたように、ほぼ全分野で日本発の影響力のある論文数は減少している。ノーベル賞受賞者の梶田隆章氏や大隅良典氏からも、日本からノーベル賞が出なくなるという懸念が表明されている。

そうした中、教育改革提案がなされているが、怪しいものが多い。例えばこれからの大学は少人数のゼミ教育を中心とすべしという意見。実際には既に国立私立を問わず、少人数の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り712文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン