残業規制・同一賃金「前倒し対応を」 経団連、企業に要請

2017/12/20付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

経団連は2018年の春季労使交渉で、働き方改革の具体策を前倒しして対応するよう企業に求める。19年4月にも始まる残業時間の上限規制や正規と非正規社員の賃金差を縮める「同一労働同一賃金」に積極的に取り組む姿勢を明確にする。一方で副業・兼業の解禁には、企業に慎重な姿勢を求める。

18年1月中旬にまとめる経営側の労使交渉の指針に盛り込む。定期昇給とベースアップ(ベア)を合わせた月例賃金の引き上げについ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]