人手不足、業種で格差 運輸などバブル期並み逼迫/銀行は余裕 人材移動へ環境整備必要

2017/12/19付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

人手不足の業種間格差が一段と広がっている。労働力不足がもっとも深刻なのは外食や運送会社、建設などで逼迫度合いはバブル期なみの厳しさだ。製造業は機械化で業務の置き換えが進んでいることなどからそこまで厳しくなく、銀行もなお余裕がある。人手不足業種は合理化やパート賃上げなど対応を迫られているが、業種をまたぐ人の移動などを後押しする環境整備も欠かせない。

日銀が18日、企業短期経済観測調査(短観)の業種…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]