/

この記事は会員限定です

エネルギー 自ら作る時代

NEDO新エネルギー部長 近藤裕之氏

[有料会員限定]

化石燃料に頼ってきたエネルギー産業が大転換期を迎えている。生活や社会はどう変わるか。新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)で環境技術に精通する近藤裕之新エネルギー部長に聞いた。

――電源はどう変わりますか。

「エネルギーは自分で作る時代に近づいている。エネルギーの地産地消や自家消費が世界の潮流だ。世界では太陽光や風力の発電コストが他の電源より安くなっている。日本の太陽光発電コストも2020...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り771文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン