/

この記事は会員限定です

留学生向けシェアハウス

JR東、まず来春 小金井に

[有料会員限定]

JR東日本は留学生向けシェアハウス事業を始める。2018年春に東京都小金井市に第1号施設を開設する。文部科学省の「留学生30万人計画」などを踏まえ、留学生の需要を取り込む。社宅を改修して賃貸住宅にするなど、生活サービス事業の強化の一環。

第1号施設はJR東小金井駅から徒歩8分の場所で、築37年の社宅を現在改装している。3階建てで、延べ床面積は1000平方メートル強。同社子会社のジェイアール東日本都市開発(東...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り297文字

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン