/

この記事は会員限定です

EU、英と年明け通商協議

まず移行期間議論へ

[有料会員限定]

【ブリュッセル=小滝麻理子】欧州連合(EU)は15日に開いた首脳会議で、英国のEU離脱を巡る通商協議を2018年1月から始めることを承認した。離脱後の激変を緩和する「移行期間」を設けることで合意、その幅を含めて話し合いに着手する。ただ、EUと英国の自由貿易協定(FTA)など本格的な議論は3月以降になる見通し。離脱期限を19年3月に控えて、交渉は「時間との闘い」を強いられる。(関連記事総合2面に)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り794文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン