/

この記事は会員限定です

米、ネットに「高速道路」 特定サービスに料金→速度優遇

遠隔医療 普及に弾み グーグルなど大手は反発

[有料会員限定]

【ワシントン=鳳山太成、ニューヨーク=清水石珠実】トランプ米政権がインターネット事業の競争環境を大きく変える規制緩和に動き出した。動画配信などの特定サービスに対し、通信会社が速度を優先的に引き上げる代わりに追加料金を取る「高速道路」のような契約を認める。ネット企業や消費者は負担増を懸念するが、高速通信を使う自動運転や遠隔医療を後押しする可能性がある。

米連邦通信委員会(FCC)が14日、通信会社に...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1184文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン