/

この記事は会員限定です

誤解招かず本音伝える

優劣の表現やめて/感情的な批判避けて/発信前に一拍おいて

[有料会員限定]

何気なしに発した自分の言葉に予想外のネガティブな反応があり、驚いたことはないだろうか。最近は、言葉を発信するのも探すのもインターネットから気軽に行える。悪気はなくとも誰かを不快にさせるのは避けたいところ。「正直」「本音」の伝え方のさじ加減はどんなものか、ポイントをまとめた。

「最近、ブログを書く時に慎重になった」。都内で商社に勤務するA子さんは話す。好きな俳優の新しい髪形が面白いと書いたら、面識の...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1483文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン