インハウス弁護士 重視
企業法務・弁護士調査2017年 企業の半数、増員を計画

2017/12/18付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本経済新聞社が実施した第13回「企業法務・弁護士調査」で、回答企業のほぼ半数が、弁護士を社員などとして雇う「インハウス(企業内)弁護士」を3年以内に増やす予定であることが分かった。法務部門自体も、一般社員の増員も含め7割弱の企業が拡充するという。企業統治の重要性の高まりやM&A(合併・買収)の増加などを背景に、法務対応を重視する企業が増えている。(電子版に関連記事▼ビジネス→法務・ガバナンス)…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]