/

この記事は会員限定です

FRB、低物価「謎」解けず 半年ぶり利上げ

資産高騰 懸案残る

[有料会員限定]

【ワシントン=河浪武史】米連邦準備理事会(FRB)は13日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で、6カ月ぶりの利上げを決めた。来年2月に退任するイエレン議長には、2008年秋の金融危機への対応から利上げ路線に転換することは悲願だった。ただ、完全雇用下で物価が低迷する「謎」は解けないまま。18年は成長率の予測を上方修正したのに、今年と同じ年3回の利上げペースを維持するシナリオを公表。物価動向を見極めな...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1337文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン