/

この記事は会員限定です

楽天、3社寡占にくさび

携帯事業、価格競争に期待

[有料会員限定]

楽天は14日、携帯電話事業への参入を表明した。周波数の認可がおりれば、イー・アクセス(現ソフトバンクグループ)以来、13年ぶりの新規参入になる。携帯電話市場は大手3グループに収れんし、価格競争が起きにくくなっていた。第4の事業者が誕生すれば寡占状態に風穴を開け、価格低下につながる期待がある。

通信規格「4G」の周波数帯の取得に向け総務省に申請する。現在は大手から設備を借りて通信事業を運営している。自前で回線や設備を持...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り876文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン