函館の観光客7.7%減 上半期、新幹線の開業効果が一巡

2017/12/15付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

函館市が14日発表した2017年度上半期(4~9月)の観光入り込み客数(推計)は338万2千人で16年度上半期比7.7%減った。昨年3月の北海道新幹線の開業効果が一巡し、新幹線やバス利用客が減少した。

交通機関別にみると、落ち込みが最も大きかったのが鉄道で87万5千人で同12.3%減。新幹線客の減少が響いた。バスは128万3千人で…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]