2018年12月19日(水)

仮想通貨取引所、相次ぎ海外進出
QUOINEやビットフライヤー 国内手数料競争が激化

2017/12/15付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本の仮想通貨取引所が相次ぎ海外に進出する。QUOINE(コイン、東京・千代田)が来年、フィリピンで取引所を始め、リミックスポイント傘下のビットポイントジャパン(東京・目黒)は11月の韓国に続き来年1月にも台湾で始める。日本はビットコイン取引が世界で最も多く、約4割を占める。国内は過当競争気味で、未開拓の海外で取引を拡大し収益を補う構えだ。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報