店舗再編 地銀に波及 マイナス金利、経営に影響

2017/12/14付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

マイナス金利の長期化で金融機関の経営は厳しくなっており、店舗運営の見直しはメガバンクを含めて全国的な傾向だ。地域と結びつきが強い地銀は、業績低迷を理由に店舗を閉鎖することが難しいとされてきた。ただ、大型の再編が進むことによってそのハードルも下がり始めている。

関西では2018年4月に関西アーバン銀行、近畿大阪銀行、みなと銀行の3行を統合した関西みらいフ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]