2019年7月20日(土)

海洋エネにかける長崎・五島(3)エコ水素 輸出の島に 余った電気蓄えて活用

2017/12/14付
情報元
日本経済新聞 地域経済
保存
共有
その他

産業・雇用創出を狙い、離島で海洋再生可能エネルギーを活用する場合、人口の少ない島で電気を使い切れるかという問題がある。活路の一つが水素だ。電気で水素を作ったり、水素に貯蔵したりする。長崎・五島では1回の水素充電で約2時間走る船も開発されている。

戸田建設は五島沖に風車を9基建てる計画で出力は計約22メガ(メガは100万)ワット。この量では五島市で使い切れる。さらに九州と66キロボルトの本土連系線…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。