/

この記事は会員限定です

楽天、第4の携帯会社に 回線に最大6000億円

電波取得申請へ 3社寡占に風穴、値下げも

[有料会員限定]

楽天は総務省が新たに割り当てる携帯電話向け電波の取得を、2018年1月にも申請する方針を固めた。25年までに最大6000億円を調達し、基地局などに投資する。NTTドコモKDDI(au)、ソフトバンクグループに続く第4の携帯電話事業者(総合2面きょうのことば)に名乗りを上げる。大手3社による寡占に風穴が開くことで、日本の携帯市場は新たな局面に入る。(関連記事企業2面に

携帯電話市場は大手3社が市場の9割を握っている。自前の回線を持たない仮...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り766文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン