/

この記事は会員限定です

キャンピング車 自宅の一部に

書斎や子の遊び場に変身

[有料会員限定]

近年、街で見かけることが増えてきたキャンピングカー。普及に伴って「週末に郊外へ」といった本来の使い方に加え、住まいの一部としての可能性に着目する動きが出てきた。自宅の駐車場で父の書斎になったり、子どもの隠れ家となったり。「移動できる離れ」を普段使いする所有者を追った。

11月中旬、神奈川県小田原市の住宅街。大田羽奈ちゃん(6)は幼稚園から帰るやいなや弟の悠斗くん(3)を連れ立って、リビング脇の駐車...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1511文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン