医師の報酬引き上げ 介護もプラス 政府調整

2017/12/12付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府は2018年度予算編成の焦点である診療報酬改定について、医療職の人件費などに充てる本体部分をプラスとする方向で調整に入った。介護報酬も微増を検討する。税や保険料、窓口での支払いなどの国民負担は増える。高齢化で医療・介護にかかる費用の膨張が見込まれるなか、国民負担を抑制する抜本改革は先送りになりそうだ。

来週開かれる麻生太郎財務相と加藤勝信厚生労働相の折衝に向け、改定幅は最終調整する。厚労省と…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]