/

この記事は会員限定です

公共工事で摘発、度々

大林組、脱談合図るも…

[有料会員限定]

リニア中央新幹線の関連工事を巡り、偽計業務妨害の疑いで東京地検特捜部の家宅捜索を受けた大林組はこれまで公共工事などに関連して談合や独占禁止法違反の罪で幹部らが摘発されてきた。

和歌山県が発注する下水道関連工事で受注調整に関与したとして、2006年に大阪地検特捜部が業界の仕切り役だった同社元顧問を刑法の談合罪で在宅起訴。07年2月には名古屋市発注の地下鉄工事で受注競争を制限したとして、名古屋地検特捜...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン