/

この記事は会員限定です

世田谷パブリックシアター制作「管理人」

現代に生きる者の寄る辺なさ

[有料会員限定]

寡黙で内向的に見える兄と冗舌で活動的な印象の弟。兄が住み、弟が所有しているという部屋に年老いた男が連れてこられ、奇妙な暮らしが始まる。英劇作家ハロルド・ピンターの1960年初演の戯曲を徐賀世子の新訳、森新太郎の演出で上演。現代の都市に生きる者の寄る辺なさが滑稽さを帯びて浮かび上がる。

兄が拾ってきたという古い家具や生活用品であふれかえった部屋。壁際に積み上げた新聞の山がふとした弾みで崩れかかり、天...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り499文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン