/

この記事は会員限定です

メルカリ、フリマ拡大へ健全性優先 米国から世界展開

山田会長に聞く

[有料会員限定]

フリマアプリ大手メルカリ(東京・港)の山田進太郎会長兼最高経営責任者(CEO)は日本経済新聞のインタビューに応じた。フリマで不正出品が相次いだことなどを受け、4日に始めた本人確認の厳格化は「大きな操作の変更ではない」と使い勝手を損なうとの指摘を否定。2018年は米国市場の開拓に力を入れる方針を示した。

――17年は盗品や現金など不正な出品が社会問題になりました。

「当社はこれまでも偽ブランド品対...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り826文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン