ミサワが宿泊施設事業 マンション改築民泊法にらむ

2017/12/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

ミサワホームは宿泊施設事業に参入する。築33年のマンションを改築し、12月中にホテルとしての運営を始める。集合住宅を所有する不動産オーナーに対し、建物を宿泊施設にして再活用することを提案していく。2018年6月に施行される住宅宿泊事業法(民泊法)に備え、自社グループが保有する不動産も宿泊施設として対応できるようにする。

不動産オーナーから建物を一括して借り上げ、宿泊施設にする。ミサワホームが企画…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]