仮想通貨「時価評価で」 企業会計基準委 来期から適用方針

2017/12/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

日本企業の会計基準を策定する企業会計基準委員会(ASBJ)は5日、企業が仮想通貨を利用する際の会計ルール案を固めた。原則的に仮想通貨は期末に時価評価し、価格変動に合わせ損益を計上するのが柱。2019年3月期から企業に適用する方針だ。週内にも公開草案を発表し、約2カ月間意見を公募する。

ビットコインなどの仮想通貨は飲食店や家電量販店など1万店超で使えるようになったが、明確な会計ルールはない。4月施…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

電子版トップ



[PR]