宮崎大、焼酎廃液から燃料生成

2017/12/6付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

宮崎大学は穴吹興産を中核とするあなぶきグループと、焼酎廃液からエタノールを生成する実証プラントを開発、稼働を始めた。廃液をボイラーで蒸留してエタノール濃度を70~80%に高め、再びボイラー燃料とし…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]