/

この記事は会員限定です

医療費抑えるには

救命医療に重点配分

[有料会員限定]

世界の皆保険の中でも最も優れているとされる日本の国民皆保険制度。今後は高齢化と人口減少で保険料を支払う人が少なくなり、医療費を使う人が増える。財源不足で破綻の危険もある。皆保険を維持していくために何が必要なのか。

中央社会保険医療協議会(中医協)で中立的な立場を担う公益委員を今年3月まで務めた慶応義塾大学の印南一路教授は「皆保険の目的は命を守ること。命を救う医療に重点を置いていく必要がある」と話す...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り538文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン