/

この記事は会員限定です

ドラえもん、現代美術に

村上隆ら昭和漫画から着想、展覧会

[有料会員限定]

藤子・F・不二雄と、つげ義春。昭和の著名な漫画家2人の作品を題材に、現代の美術家らが「アート」を制作する展覧会が開かれている。日本の漫画の影響力の大きさを感じさせる。

東京・六本木の森アーツセンターギャラリーで開催中の「THEドラえもん展TOKYO2017」(来年1月8日まで)。村上隆、会田誠ら28組30人の現代アーティストが国民的キャラクターを題材に、絵画や立体作品を出品している。

子供時代に刺激

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1147文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン