/

この記事は会員限定です

「人生が丸裸に」懸念

欧州は規制へ動く

[有料会員限定]

SNSの交友関係や発言が個人の「信用」を形づくる社会。広くとらえれば「ネット上の情報がつくる自分」が現実の自分を動かしつつあるということだ。

「フォロワー数などを自分でコントロールして経済効果を生み出すうちはいいと思いますが……」。プライバシーに詳しい慶応義塾大学の山本龍彦教授は危機感を隠さない。「政府や企業が人工知能(AI)などを使い、ネット上のデータをすべて分析するようになったらどうでしょう...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り416文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン