/

この記事は会員限定です

貨客混載4地域で実験

高知県、中山間地活用探る

[有料会員限定]

高知県は30日、乗客と貨物を一緒に運ぶ「貨客混載」を推進する検討会の初会合を高知市で開いた。安芸市と大川村、梼原町、三原村の4市町村やヤマト運輸や佐川急便などの関係者が出席。2017年度中に4市町村で地域部会を計3回開いて個別に事業スキームを検討したうえで、18年4月以降に各地域で実証実験を開始する予定。

17年9月に過疎地に限って貸し切りバスとタクシーで貨物運送が可能になるなど規制が緩和されたこ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り201文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン