/

この記事は会員限定です

石毛直道(29)未来へ

豊かな食文化 育てよう 食糧問題、人口抑制が課題

[有料会員限定]

今日、80歳になった。持病はあるが元気で、大阪にいるときは自宅から自転車で研究室に行き、本や資料を読んだり文章を書いたりしている。

食文化研究を始めて約半世紀、近年の関心の高まりは目を見張るものがある。食関係の学部や学科を設ける大学が増え、研究者の層も厚くなっている。日本は世界でも有数の食文化研究国になった。

中国に昨年、石毛直道研究中心(センター)という組織ができた。民博の客員教授も務めた北京大...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1100文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン