年金控除、高所得者は縮小
所得税改革の政府原案、給与所得控除も減

2017/11/29付
情報元
日本経済新聞 朝刊
保存
共有
その他

政府が2018年度税制改正で検討している所得税改革案の全容が28日、わかった。「高所得層に手厚すぎる」との批判がある公的年金控除について、年金以外の所得が多い人は10万~20万円減らすことが柱だ。政府は20年1月以降の実施を目指し、所得税全体で1000億円規模の差し引き増税とする案を示すが、12月中旬のとりまとめに向け与党税制調査会の調整は難航する可能性もある。…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]