/

この記事は会員限定です

ロシア、米の「裏庭」に接近

南米ベネズエラ再建、火種に 軍事協力条件に債務猶予

[有料会員限定]

世界最大規模の石油埋蔵国、南米ベネズエラは1300億ドル(14兆円強)もの債務の自力返済が難しくなった。1999年に誕生した反米左派政権の同国に対し、米国は黙認策をやめ、敵視政策にカジを切った。ベネズエラは債権国ロシアの支援を受け、経済・軍事で結び付きを強める。最大債権国の中国カードもちらつかせる。米国の「裏庭」南米でロシアや中国の存在感が増す。

地政学上の魅力

「我々は他の国と同じように、ベネズエラ政府と互恵的...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1451文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン