/

この記事は会員限定です

山口大グループ、乳がん増殖抑える物質

治療薬開発に期待

[有料会員限定]

山口大学大学院医学系研究科の中井彰教授を中心とするグループは乳がん細胞の増殖に関連する新たなたんぱく質複合体を発見した。この物質を阻害することで、乳がんの治療薬開発につながる可能性がある。英科学誌「ネイチャー・コミュニケーションズ」電子版で公開した。

細胞のDNAは紫外線や活性酸素などのストレスで損傷し、酵素の働きで修復する機能を持つが、最初に働く酵素「PARP1」がどう動いて機能するかはわかって...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り243文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン